緑に包まれた静粛の湖で泳ぎ野山をMTBで駆け巡り原生林を走る本気で遊ぶスポーツ それがXTERRA XTERRA JAPAN

ルール

XTERRA JAPAN TOP > エクステラとは > ルール

基本ルール

  • 自然を愛し、大切にする事。
  • トレーニング、レースを問わずコースの自然を壊す行為は絶対に慎む事。
  • トレーニング中においては、ハイカーや釣り人などに迷惑をかけぬ事。
    あくまでも「競技のためにこの場所を借りている」という事を忘れてはならない。
  • コースは自己責任、マーキングを良くみて進む事。
  • 怪我や故障、体調不良があった場合は無理してフィニッシュしないで下さい。 チャンスは1度ではありません。
  • どんな時も楽しむ事を忘れない事!!

SWIM

  • 泳ぐ、浮く、流される以外で進んではいけない。
    コースロープや浮き輪につかまって休む事は許されるが、ロープを伝って進んではいけない。
  • 手首、足首から先に何もつけてはいけない。パドル、フィン等は許されない。
  • 支給されたスイムキャップを必ずかぶる事。
  • ウエットスーツは下記の条件で許可、義務化される。
着用禁止 着用義務
エリート(プロ) 水温22度以上 水温19度以下
エイジ(一般) 水温28度以上 水温21度以下
※また、外気温や気象条件を参考に、主催者の判断により規定を変更する事もある。

MTB

  • MTBに乗る、押す以外の方法で進んではならない。
  • 使用する自転車はMTBのみ許可。シクロクロス車、ロード車は許可されない。
  • MTBに乗る前にヘルメットのストラップを締め、降りてからストラップを外す事。
  • シングルトラックでは速い人に道路を譲る事。
  • 危険地域では無理な追い越しは行わない。自分の不運を嘆く事。
  • ドラフティングはやりたきゃどうぞ!
  • 主催者が支給するレースナンバーを必ず前につけること。
  • ナンバーにステッカー等を貼って加工してはならない。
  • メカニックトラブルは自分で対応する事。外部からのアシスタントは禁止する。
    ただし、コース監査員や、他の選手には頼んでみるもよし。 あなたの頼み方次第では助けてくれるだろう。
  • 主催者から支給されているナンバーを必ず前面につけること。
  • 走る、歩く、這う以外の方法で進んではならない。
  • 危険地域では無理な追い越しは行わない。

TRAIL RUN

  • 主催者から支給されているナンバーを必ず前面につけること。
  • 走る、歩く、這う以外の方法で進んではならない。
  • 危険地域では無理な追い越しは行わない。

TRANSITION

  • エリアを出るまでMTBに乗らない事。
  • エリア手前でMTBを降りる事。
  • 自分のナンバーリングされているところにギアを置く事。
  • 他人のスペースに物を置かない。